tel:0984-22-4138【窓口受付】8:30〜17:00 【休診日】土曜午後・日曜・祝祭日

HOME検査について 》ポリソムノグラフィー検査

風邪症候群検査

痛みも無く、夕方から次の日の朝までなので仕事を休むこと無く検査できます。

睡眠時無呼吸症候群とは?

眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。 無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。

睡眠時無呼吸症候群の治療について

まずは減量や生活習慣の指導をし、症状が改善しない場合はCPAP治療法を行います。

CPAP治療法

CPAP治療写真1 CPAP治療写真2 CPAP治療写真3

CPAP治療法の装着例

鼻に装着したマスクから空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかける方法です。 いまや睡眠時無呼吸症候群(SAS)のもっとも重要な治療法となっています。

まずはお気軽にお問い合せください。

わからないこと、ご不明な点がございましたら当院外来へお問い合せください。(TEL:0984-22-4138)