tel:0984-22-4138【窓口受付】8:30〜17:00 【休診日】土曜午後・日曜・祝祭日

HOME検査について 》肺炎球菌ワクチン

65歳以上の肺炎予防

65歳を過ぎたら、ワクチンによる肺炎球菌感染症の予防が大切です。

予防接種を受けましょう。

肺炎球菌は鼻や喉の奥に付きやすい細菌で、健康で体力がある状態なら免疫力が十分あるので感染症を引き起こすことはあまりありませんが、体調を崩すなど何らかの原因で免疫力が低下していたり、風邪をひいた後に肺炎球菌による感染症(肺炎。髄膜炎・菌血症/敗血症・中耳炎)などを発症することがあります。
肺炎球菌による感染症にかかることが多いのは、5歳未満(とくに2歳未満)の乳幼児や65歳以上の方です。
乳幼児の場合、免疫機能が未発達のため肺炎球菌に対してうまく免疫が働きません。
また、65歳以上の方も、見た目は元気なようでいても、免疫機能が低下し始めているので、感染症にかかりやくすなっています。
日本で行われている大人(65歳以上)のためのおもな予防接種として、肺炎球菌ワクチンがよく知られています。

肺炎球菌感染症予防について詳しく知りたい方はこちら

当院では2種類の予防接種を行っております。

まずはお気軽にお問い合せください。

くわしく聞きたい方は外来までお電話ください。(TEL:0984-22-4138)